海外の反応が気になる・・・

海外の反応まとめです。

海外「これが本当に敗戦国なのか…」 1960年代の日本の発展ぶりに外国人が衝撃について

海外「これが本当に敗戦国なのか…」 1960年代の日本の発展ぶりに外国人が衝撃

今回は、1966年(昭和41年)の東京の様子を収めた映像からです。

今から53年前となる1966年は、日本の総人口が1億人を突破した節目の年で、
海外観光渡航の回数制限撤廃、メートル法完全施行、 ビートルズ来日、
「笑点」放送開始、大学の推薦入学制度採用の決定などがありました。
なお、2年後の1968年には、GNP(国民総生産)が世界第2位になっています。

ちなみに、上述のように総人口が1億人を突破した年なのですが、
この年は丙午であったため、出生数自体は約136万人と前年比で激減しました
(前年の1965年が約182万人、翌年の1967年が約193万人だった)。

当時の日本の発展ぶりに驚く声が、特にアジア諸国から続出。
清潔面など、今の日本と変わっていない部分を指摘する声も散見されました。

海外「日本はずっと豊かな国だったのか」 戦前の日本を映した映像に外国人が感動

537357.png

記事引用元
海外「これが本当に敗戦国なのか…」 1960年代の日本の発展ぶりに外国人が衝撃



#2chまとめ

-未分類

×
CLOSE
CLOSE