海外の反応が気になる・・・

海外の反応まとめです。

海外「日本人に相応しい特権だ」 単独で世界最強となった日本のパスポートに納得の声について

海外「日本人に相応しい特権だ」 単独で世界最強となった日本のパスポートに納得の声

国際的に通用する全世界共通の身分証明書であるパスポート。
それぞれの国から外国に渡る際には原則必要なものであり、
証明書以外に、外国官庁に保護を依頼する公文書の役割も有しています。

日本初のパスポートと言えるのは、1866年(慶応2年)に江戸幕府が発給した、
「海外渡航文書」だとされており、目的は修学と商業に限定されていました。
当時の物は写真の代わりに、身長や目鼻立ちなど容姿の特徴が書かれており、
第一号は、パリ万国博覧会に出演するためにフランス渡航を申請した、
手品師・曲芸師の隅田川浪五郎に発行されています。

さて、今回は最新の世界パスポートランキングに関する記事からで、
市民権や永住権の取得支援を手掛けるヘンリー&パートナーズによると、
日本のパスポート保有者がビザなしで渡航できる国や地域は、
10月からミャンマーが加わったことで合計190カ国となり、
それまで同位だったシンガポールを抜き、単独首位となりました。

コメント欄では、多くの方が納得、あるいは当然の結果だと考えており、
その理由として、日本人の特別な国民性が挙げられていました。

「日本人は常に助けてくれた」 訪日外国人が語る日本旅行で体験した最高の出来事

520469.jpeg

記事引用元
海外「日本人に相応しい特権だ」 単独で世界最強となった日本のパスポートに納得の声



#2chまとめ

-未分類

×
CLOSE
CLOSE