海外の反応が気になる・・・

海外の反応まとめです。

海外「やっぱり日本は凄かった」 日本製の革命的な翻訳機に海外ネットが騒然について

海外「やっぱり日本は凄かった」 日本製の革命的な翻訳機に海外ネットが騒然

今回は、日本企業が開発した翻訳機、「ili(イリー)」の話題から。

「ili」は日本のテック企業ログバーが開発した瞬間翻訳機で、
ネットに接続することなく、最速で0.2秒の高速翻訳を実現しています。
現時点では日本語、英語、中国語に対応しており、
タイ語、韓国語、スペイン語への対応も現在進めているそうです。

2017年6月から、まずは事業者向けに提供が開始される予定で、
利用料は1ライセンスあたり月額3980円。
一般向けも、2017年中のリリースを予定しているとのこと。

この革新的な翻訳機は海外ネット上で大反響を呼んでおり、
製品を紹介する翻訳元の1つは、3日で2000万回を超える再生数を、
もう一つは1日で1200万回再生を記録し、まだまだ伸びています。
外国人から寄せられた反応をまとめましたので、ご覧ください。

海外「この技術は世界を変える」 富士通の最新技術が未来的過ぎる

 2017-02-10

記事引用元
海外「やっぱり日本は凄かった」 日本製の革命的な翻訳機に海外ネットが騒然



#2chまとめ

-未分類

×
CLOSE
CLOSE