海外の反応が気になる・・・

海外の反応まとめです。

海外「鹿島スゲー!!」レアルを追い詰めた鹿島の戦いに海外ファンも大興奮について

海外「鹿島スゲー!!」レアルを追い詰めた鹿島の戦いに海外ファンも大興奮

E69FB4E5B48ECWCE6B1BAE58B9DE382B4E383BCE383AB-2.jpg

クラブW杯・決勝はアジアのチームとして初めて決勝に進んだ鹿島アントラーズが、欧州王者のレアル・マドリードと対戦。柴崎選手の2ゴールで一時はリードをするなど、延長にまでもつれる接戦を演じました。
延長で4-2と力尽きたものの、鹿島の予想外の善戦に海外のサッカーファンも大盛り上がりだったようなので、その反応を一部ご紹介です。

鹿島健闘及ばず…柴崎「相手は延長でもクオリティー維持」 レアルが世界一

クラブW杯・決勝、鹿島2-4レアル・マドリード」(18日、日産スタジアム)

 欧州王者のレアル・マドリード(スペイン)が、開催国枠で出場した鹿島を下し、延長戦に突入する熱戦を制した。エースFWのC・ロナウドが延長前半に2得点を挙げるなどハットトリックの活躍で、チームを勝利に導いた。レアルは2年ぶりの優勝。前身大会を含め5度目のクラブ世界一で、公式戦の連勝記録を37に伸ばした。

 鹿島は前半9分に先制を許したものの、同44分と後半7分にMF柴崎岳が得点し、一時はリードした。アジア勢としては、同大会で最高成績となる準優勝で初出場となったクラブW杯を終えた。

 鹿島の石井監督は「自分たちの戦い方をしっかりしたので、延長戦120分戦ってくれた選手に感謝の気持ちでいっぱいです」と総括。険しい表情のまま「足りない部分もあったので、そこを反省しながら、自分たちのチームをどうするかというところに向かってていきたいです」と前を向いた。

 2得点の柴崎岳は戦前に勝利を意識した発言をしていた通り、「勝てなかったので悔しいですし、勝てるチャンスあったと思います」と悔しさをかみ殺した。「相手は延長でもクオリティーを維持していましたし、僕らは落ちてしまった。そこが課題かなと思います」と敗因を語った。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161218-00000124-dal-socc

https://www.youtube.com/watch?v=WjWRlX-AqTg

-未分類

×
CLOSE
CLOSE